• TOP>コラム
2019年10月13日

当院では最新型のハイビジョン経鼻内視鏡システム 、

EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス ルセラ エリート)

(さらに…)

...続きを読む
2019年09月20日

 

痛風予備群「高尿酸血症」

痛風予備群「高尿酸血症」

体内でのプリン体が増えたり、腎臓での尿酸の排せつ量が減ってしまうと、血液中の尿酸の量が増えてきます。尿酸値が7.0mg/dLを超えると高尿酸血症と診断され、関節の中で尿酸の結晶ができはじめます。7.0 mg/dLを超えて尿酸値が高ければ高いほど。期間が長ければ長いほど痛風発作が起きやすくなり、合併症のリスクが高くなります。

高尿酸血症・痛風の経過

高尿酸血症・痛風の経過

高尿酸血症の状態のままでいると、ある日突然、痛風発作に襲われます。痛風発作は夜中から明け方に起きることが多く、痛みのピークは発症後2~3日間続きます。その後、2週間以内に痛みはなくなります。しかし、適切な治療を受けて生活改善しないと、痛風発作を繰り返すようになります。(間欠期) そして、だんだん発作の間隔が短くなり、やがて常に痛みや腫れがある「慢性期」になります。繰り返し痛風発作が起きる部位では、骨や関節破壊変形があらわれるようになり、関節周辺や皮下には痛風結節と呼ばれる、こぶのようなものができます。そして、さまざまな合併症が起きてきます。

痛風発作がおこりやすい場所

痛風発作がおこりやすい場所

痛風発作が起こりやすい場所としては親指の付け根・足の甲、ひざ、足首、アキレス腱[けん]などです。最初の痛風発作の7割は足の親指の付け根に起きます。

痛風の合併症

痛風の合併症

尿酸の結晶は腎臓に溜まると腎障害を引き起こし、尿路や膀胱に溜まると尿路結石を起こします。また、痛風ではメタボリックシンドロームに陥りやすく、高血圧肥満・脂質異常症・糖尿病など、多くの生活習慣病を併発しやすいことがわかっています。その結果、動脈硬化を起こしてしまい、心筋梗塞脳梗塞などの命に関わるような病気につながってしまうのです。

高尿酸血症の検査と治療

高尿酸血症の検査と治療

痛風発作を起こしていない痛風予備群の人は、血液検査で「尿酸値」、尿検査で「尿中尿酸濃度」を計測します。これらは「高尿酸血症」を診断するうえで重要な検査です。また、高血圧脂質異常症糖尿病などの生活習慣病狭心症・脂肪肝などの合併症のチェックを行います。血糖・脂質・腎機能・肝機能などを調べ、心電図や内臓の超音波検査も行います。他の生活習慣病や合併症がなければ治療は「生活指導」、食事療法・飲酒制限・運動の推奨が中心となります。

痛風の検査と治療

痛風の検査と治療

一方で痛風発作を起こした人は「血液検査」「尿検査」にくわえ、「X線検査」を行います。痛風に似た症状の偽痛風変形性関節症などとの鑑別をする必要があるからです。そして、痛風であることがわかったら、尿酸クリアランス検査が行われます。これは尿酸が増える原因と腎機能を調べる検査です。これによって「尿酸をできにくくする薬」か「尿酸の排せつを促す薬」のどちらを選択するかを決めます。また、痛風発作を起こしている場合には尿酸値を下げる薬を使わずに、発作を抑える薬を服用します。発作を抑える薬は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)で、痛みがなくなるまで服用します。腎障害などでNSAIDsが使えないときには、副腎皮質ステロイド薬を使用します。痛風発作の前触れに気付いたときには、未然に発作を防ぐ事ができるコルヒチンという薬を服用します。
尿酸値6.0mg/dL以下を長期間維持できれば、関節に溜まった尿酸は徐々に分解されて、溶けてしまうと考えられています。このように痛風は治ることが期待できる病気なのです。

Q&A「痛風」はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    痛風 最善の対処法「こうして治療」

関連タグ

病名
痛風
症状
関節痛はれている
部位
関節

 

...続きを読む
2018年04月8日

 

骨折が起こりやすい部位

骨折が起こりやすい部位

新潟県佐渡市での調査では、骨粗しょう症による骨折が起こりやすい部位は、多い順から、背骨(脊椎)、太ももの付け根(大腿骨(だいたいこつ))、手首(橈骨(とうこつ))、腕の付け根(上腕骨)です。

骨折が起こりやすい部位

背骨の骨折は、上下の方向で押しつぶされたように骨折する、いわゆる「圧迫骨折」が起こります。骨折が治っても、つぶれた背骨は元の形には戻りません。そのため骨折が重なると、身長が低くなったり背中が丸くなったりします。ただし、背骨の骨折で痛みを自覚していた患者さんは全体の3分の1にすぎないという報告があり、気がつかないうちに骨折していることも少なくありません。若いころより身長が4cm以上低くなり、背中が丸くなっていれば、以前、背骨を骨折していた可能性が高いと考えられます。
また、背骨の骨折後には大腿骨を骨折することが多く、一回骨折を起こした方が続けて骨折を起こすことがよくあります。このように連続して起こる骨折を「骨折連鎖」といいます。
大腿骨を骨折すると手術が行われ、術後は歩いて生活することを目指しますが、筋力の低下によって寝たきりになることもあるため注意が必要です。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    こうして骨を守る 骨粗しょう症の予防と治療「忍び寄る骨粗しょう症」

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症になりやすいのは、次のような人です。骨がもろくなる原因はさまざまです。

高齢者
加齢によって、腸でのカルシウムの吸収が悪くなります。そのため食事で若いころと同じ量のカルシウムをとっていても吸収される量が減り、骨がもろくなる原因になります。

閉経後の女性
女性ホルモンには骨密度を保つ働きがあります。女性は、閉経を機に女性ホルモンの分泌量が急に減少するため、骨量が減少します。

過度のダイエットをした人
カルシウムなどを含めた栄養素が不足しやすく、骨が弱くなります。特に骨が成長する10歳代での過度のダイエットには大きな問題があります。骨量は20歳代で最大になるのですが、この時期に骨量が十分な量に達していないと、閉経後の早い時期に骨粗しょう症を起こしやすいことがわかっています。

運動不足
運動で体に適度な負荷をかけると骨芽細胞が活性化し、新しい骨を作る働きが促されますが、運動不足だと丈夫な骨が作られなくなります。

喫煙者
喫煙はエストロゲンの分泌を低下させるので、骨量が減ります。

過度の飲酒
過度の飲酒は骨芽細胞の働きを妨げ、骨を作る働きを低下させます。

糖尿病や慢性腎臓病などの生活習慣病がある人
インスリンには骨芽細胞を増やす作用がありますが、糖尿病では、インスリンがうまく働かないので骨芽細胞が不足し、骨を作る働きが低下します。また、慢性腎臓病があると、血液中のカルシウム不足を補うために骨からカルシウムが溶け出し、骨量が減少します。

骨粗しょう症の家族歴がある人
特に母と娘は、食事をはじめとした生活環境や身体的な特徴が似ていることが多いため、骨密度も似るといわれています。母が骨粗しょう症になった場合、娘も注意が必要です。

  • きょうの健康放送
    こうして骨を守る 骨粗しょう症の予防と治療「忍び寄る骨粗しょう症」

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症による骨折を防ぐには、早期発見と対処が大切です。骨の量の目安となる「骨密度」を調べるには、次のような検査があります。女性の場合、閉経を迎えたら、1年または数年に1回は検査を受けましょう。男性も、一度は受診しておくと安心です。

MD法

MD法

手のエックス線写真で骨密度を測定する方法です。

骨粗しょう症の薬が必要な人

骨粗しょう症によって骨折を起こした人は、その後続けて骨折する危険性が2~4倍になるという報告があります。骨粗しょう症の予防や治療には運動と食事が大切ですが、それだけで不十分な場合には、骨折を防ぐために、薬による治療が行われます。
次のような人は、いずれも骨折の危険性が高いため、薬による治療が必要です。

  • わずかな衝撃で骨折した(脆弱(ぜいじゃく)性骨折がある)人(大腿骨(だいたいこつ)近位部骨折または椎体骨折)
  • 骨密度が若年成人の平均の70~80%未満の場合で、大腿骨近位部骨折の家族歴など、骨折の危険因子がある人

骨粗しょう症の薬

骨粗しょう症の薬
骨粗しょう症の薬

薬の作用を理解する上では、骨の新陳代謝の仕組みを知ることが重要です。破骨細胞が古い骨を壊して窪みを作り、その窪みを埋めるように骨芽細胞が集まり、新しい骨を作ります。健康な成人では、破骨細胞と骨芽細胞の働きのバランスがとれているので、骨は常に新しく作り替えられ、丈夫な骨が保たれます。
しかし骨粗しょう症の場合、骨を壊す破骨細胞の働きが、骨を作る骨芽細胞の働きを上回り、骨の量が減少します。
骨粗しょう症の薬には次の3つのタイプがあり、破骨細胞と骨芽細胞の働きのバランスを整えます。

骨粗しょう症の薬
骨を壊す働きを抑える薬
破骨細胞が骨を壊す働きを抑える作用があり、骨が作られる働きとのバランスを保ちます。
骨を作る働きを高める薬
骨芽細胞が骨を作る働きを促進する作用があり、骨が壊される働きとのバランスを保ちます。
骨の作り替えのバランスを整える薬
骨を壊す働きを抑え、さらに、骨を作る働きを促進する効果もあります。両方の作用によって、骨の作り替えのバランスを調整します。

薬のタイプと副作用

薬のタイプと副作用

骨粗しょう症の薬には次の3つのタイプがあります。

  1. 骨を壊す働きを抑える薬
  2. 骨を作る働きを高める薬
  3. 骨の作り替えのバランスを整える薬

多くの薬の中から、患者さんの「骨折の危険性」、「年齢」、「ライフスタイル」などに合わせて選択します。また「背骨に効果が高い薬」や「太ももの付け根の骨に効果が高い薬」など、骨折した部位によっても適した薬が異なるので、総合的に判断して使います。
骨粗しょう症の薬は、正しい用法で継続して使えば、骨密度を高めて骨折の危険性を減らす効果があります。基本的に、骨折を起こした人、骨量を減らすような病気のある人、運動や栄養の摂取が不足している人は、薬を続ける必要があります。

1 骨を壊す働きを抑える薬

1 骨を壊す働きを抑える薬
1 骨を壊す働きを抑える薬

骨を壊す働きを抑える薬には、「ビスホスホネート」、「デノスマブ」、「SERM(サーム)」があります。

ビスホスホネート

ビスホスホネートは、服用するタイプ、医療機関で注射するタイプや、点滴をするタイプがあります。のみ薬は、1日1回、週1回、月1回など服用間隔が違ういくつかのタイプがあります。点滴薬は、4週に1回、年に1回のタイプがあります。
のみ薬のビスホスホネートを使用する場合、服用前後には空腹状態にしておく必要があり、服用後も30~60分間は上体を起こしておかなければなりません。
もし服用前後に食事をすると、薬の吸収が大きく低下し治療効果に影響を及ぼします。また、服用してすぐ横になると薬の成分が逆流し、食道が炎症を起こしたり、潰瘍ができたりする恐れもあります。

デノスマブ

デノスマブは半年に1回、医療機関で皮下注射する薬です。骨密度を上げる効果は高く、比較的重症の方に使われます。

SERM

SERMは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があります。骨折のリスクがあまり高くない、閉経後の50~60歳代の女性に多く使われています。

2 骨を作る働きを高める薬

2 骨を作る働きを高める薬

骨を作る働きを高める薬には「副甲状腺ホルモン薬」があります。骨形成を高める薬で、週に1回、医療機関で注射するタイプと、毎日1回、自己注射するタイプがあります。骨折が複数ある人や、骨密度が極めて低い人に使われる薬です。使用できる期間は24か月間です。

3 骨の作り替えのバランスを整える薬

3 骨の作り替えのバランスを整える薬

骨の作り替えのバランスを整える薬には「活性型ビタミンD₃薬」があります。破骨細胞の働きを抑えて骨を壊す作用を抑制します。また、小腸からのカルシウム吸収を促し、骨を作る働きも促進します。

副作用について

一部のビスホスホネートに吐き気や胃痛などの消化器症状が、SERMでは更年期障害の悪化がみられることがあります。一方、ビタミンD₃薬は、重大な副作用は少ないのが特徴です。
また、骨を壊す働きを抑えるビスホスホネートやデノスマブの副作用として、ごくまれに抜歯などの歯科治療時に顎の骨が壊死(えし)するケースが報告されています。歯科治療を受ける際には、骨を壊す働きを抑える薬を使っていることを伝え、口腔の衛生管理にも努めてください。また、まれですが、非定型大腿骨骨折もみられます。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    こうして骨を守る 骨粗しょう症の予防と治療「薬の選択」
...続きを読む
2018年03月27日

送迎サービス開始 *石尾台地区社会福祉協議会* 石尾台限定

 

石尾台地区社会福祉協議会

 

すこやか送迎サービス

 

近くの病院・薬局などに行くのに車がない方、高齢で

坂道が多く歩行が困難でお困りの方お手伝いします。

 

利用される方は利用者登録をお願いします。

録申請はすこやか送迎サービス事務局(090-7689-2898)に

お電話下さい。

 

  • サービス内容
    • 石尾台地区内の医療機関及び薬局
    • 石尾台の外周道路から約100m以内の医療機関及び薬局

 

  • 利用対象の方  概ね80歳以上の方と車の無い高齢者

 

  • 利用料金    利用回数券(10回分1000円)購入

 

  • 利用の申し込み 事務局(090-7689-2898)宛に

 

           前日午後4時までに電話等で申し込む。

 

ご利用される方は事務局に利用登録申請書をご用意しています。

 

ご連絡をお待ちしております。

 

すこやか送迎サービス事務局

  担当 高宮・矢野根 090-7689-2898

...続きを読む
2018年03月2日
  1. リハビリ機器導入しました

空圧マッサージ器:4種類のモードで脚の血行を促進します
温熱パック治療器:温熱に振動をプラスしたホットパック治療ができます
低周波治療器:独自波形の低周波で治療ができます

ウォーターベッド型マッサージ器:筋肉の柔軟性を向上させる治療モードを搭載しています

牽引装置:理想的な姿勢で腰椎を牽引でき、頸椎牽引も可能です

スーパーライザー:星状神経節を遠赤外線で照射し交感神経をリラックスさせ、温泉に入ったような爽快感が得られます

...続きを読む
2018年01月14日

 

歳を重ねるにつれて増加する高血圧 NHKきょうの健康

高血圧の診断基準
収縮期血圧&拡張期血圧

血圧が高い状態を高血圧といいますが、医療機関で高血圧と診断されるのは、上の血圧が140mmhg以上、もしくは下の血圧が90mmHg以上の場合です。上下ともこの基準値を超えている場合だけでなく、どちらか一方だけ超えていても高血圧となります。
血液は、心臓が収縮したり拡張したりすることで全身に送り出していますが、このとき血液が血管の壁を押す圧力を血圧といいます。血圧が高くなるのは、心臓がギュッと縮んで勢いよく血液が動脈に流れるときです。これが上の血圧で、収縮期血圧といわれています。一方、血液を送り出したあと心臓が広がって動脈にかかる圧力が低いときが下の血圧で、拡張期血圧ともいわれています。
高血圧は国民病ともいわれており、全国に4300万人もいると推計されています。高血圧は年をとるにつれて患者になる割合が増え、60代の男女でともに6割、70代では男性が約8割、女性が約7割もの人が高血圧と報告されています。

高血圧が引き起こす重大な病気

脳卒中の発症率

血管は圧力に対して痛みを感じないようにできているため、血圧が高くても自覚症状はありません。そのため、ある日突然、命に関わる重大な病気を引き起こす場合があるのです。
上のグラフのように、たとえば上の血圧が120mmHg未満かつ下の血圧が80mmHg未満の場合に比べて、140または90以上の場合、脳卒中の発症率は約3倍も高くなります。さらに、180または110以上の重度の高血圧になると、約8倍も発症率が高くなってしまいます。
血圧が140/90を超えると、脳卒中だけでなく認知症や心筋梗塞、末期腎不全などの発症率が高くなることも世界中のさまざまな研究によって明らかになっています。
ただし、生活習慣の改善や薬による治療などで血圧を下げれば、こういった病気の発症率を下げることは可能なので、日ごろの生活から血圧のコントロールを意識することが大切です。

 

...続きを読む
2017年10月7日

 

薬は血圧を下げるだけが目的ではない

薬は血圧を下げるだけが目的ではない

日本ではおよそ4300万人が高血圧と推計されていますが、そのうち薬をのんでいる人はおよそ半数といわれており、さらに、薬をのんでいる人の中で140/90mmHg未満まで血圧を下げられている人は、3~4割程度だと報告されていて、多くの人が適切に血圧をコントロールできていないことがわかっています。
その原因のひとつとして考えられるのが、薬に対する認識不足です。薬が嫌いだったり、のんでいたけど途中でやめてしまったりする人の中には、薬に対して間違ったイメージを持っていたり、薬をのむ本当の意味を理解していなかったりすることが考えられるのです。
じつは、血圧の薬は、血圧を下げるだけが目的ではありません。血圧を下げるのはあくまでも通過点であって、脳や心臓、腎臓などの大切な臓器を守るのが、本当の目的なのです。
脳・心臓・腎臓は、高血圧によってとくにダメージを受けやすい臓器なので、血圧の薬をのむことで、大切な臓器を守っているという意識をもつようにしてください。

2タイプある高血圧の薬

高血圧の主な薬

血圧を下げる薬には、大きく分けて血管を広げることで血圧を下げるタイプと、血液の量を減らして血圧を下げるタイプの2タイプがあります。
血管を広げる薬には、カルシウム拮抗薬やARB、ACE阻害薬などがあり、血液の量を減らす薬には、利尿薬があります。一般的に、これらの薬は、血圧の値やほかの病気などを踏まえて2〜3種類併用する場合もあります。
現在使われている薬は、工夫や改良がこらされていて、効果は高く、副作用も少ないものがほとんどです。万が一、いま薬をのんでいて気になる症状や不快な症状がある場合は、自分の判断でのむのをやめたりせず、担当の医師に相談して自分に合った薬を見つけましょう。 NHK今日の健康

...続きを読む
2017年06月21日

禁煙外来始めました。

ご希望の方はお電話いただき、日程をご予約ください。48-1112

内服治療のみです。

保険適応のある方は、下記となります。

指導は

月、火、水、金 午後4時30分から

土 12時から

http://sugu-kinen.jp/(ファイザー社のサイトになります)

健康保険等を使って、禁煙ができます

ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

その条件は、以下の4つです。

  1. 1ニコチン依存症の判定テストが5点以上
  2. 2[1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
    (2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)
  3. 3ただちに禁煙を始めたいと思っている
  4. 4禁煙治療を受けることを文書で同意している
1前回の治療の初回診療日から1年経過していること。
過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。

過去に、禁煙治療を行った人で、再喫煙をしてしまっても、もう一度、挑戦できます。

2健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。
ニコチン依存症を診断するテスト5点以上ニコチン依存症のチェック
 

35歳以上
1日の平均喫煙本数

×

これまでの喫煙年数

= 

200以上
35歳未満
2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました。
1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っている
禁煙治療を受けることに文書で同意している
(→問診票などに、日付や自分の氏名を書きます。)

現在、健康保険等※1を使って禁煙治療が受けられるようになりました。禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で13,000円~20,000円程度※2です。1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。(詳しくは医療機関にお問い合わせください。)

  1. 本web中の健康保険等とは、公的医療保険のことで、組合管掌健康保険、全国健康保険協会管掌健康保険、船員保険、各種共済組合管掌健康保険、国民健康保険等を指しています。
  2. 「日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書
    第6版:2014」に記載されている健康保険等で禁煙治療のみを行った場合の自己負担額(3割負担として13,080円~19,660円)に基づいています。
  3. 1日1箱吸う人を想定しています(1日430円換算)
...続きを読む
2017年05月3日

院内の待ち人数がインターネット上でわかります。

トップページの混雑状況から現在の混雑状況をクリックしていただくと現在の待ち人数がわかります。

よろしくお願いします。

...続きを読む
2017年04月23日

当日順番予約開始しました。インターネットのみです。時間指定予約はできません。窓口予約の方優先です。予約可能時間は午前7時から診療終了30分前までと午後0時30分から診療終了30分前までです。

...続きを読む
2016年11月3日

 

糖尿病 治療の秘けつ「高齢者の糖尿病」

新たな血糖管理の目標

 2016年5月、日本糖尿病学会と日本老年医学会は、糖尿病の高齢者がめざすべき血糖管理目標を新しく定めました。一般成人は過去1〜2か月の血糖値の平均を示すヘモグロビンA1cで7%未満が基本の目標ですが、高齢者は一人一人の健康状態などに応じ7%未満、7.5%未満、8%未満、8.5%未満のいずれかを目標にします。つまり、高齢者は少しゆるめの目標にするのです。

低血糖のリスク

 高齢者の目標をゆるめた最大の理由は、低血糖を防ぐことです。低血糖とは糖尿病の薬が効き過ぎるなどによって血糖値が下がり過ぎることを言います。高齢者は薬を分解する肝臓や、薬を排せつする腎臓の働きが低下するため、血糖を下げる薬が効き過ぎて低血糖を起こしやすくなるのです。しかも、自律神経や認知機能が低下している場合は低血糖に気づきにくくなります。高齢者が重い低血糖を起こした場合、心筋梗塞脳梗塞認知機能低下転倒骨折などのリスクが高まります。糖尿病の治療は高血糖を改善するために行いますが、低血糖も同じくらい避ける必要があるのです。

低血糖を防ぐには

 低血糖を防ぐには、まず重い低血糖を起こしやすい薬を知っておくことです。インスリン製剤スルホニル尿素薬速効型インスリン分泌促進薬などがそれに当たります。これらを使っている場合、薬をいつも通り使っていても、食事を抜いたり、食事の量が少なかったり、仕事や運動で体を激しく動かしたりすると、血糖値が下がりすぎることがあるのです。

健康状態と薬で変わる目標値

 高齢者の目標値は一人一人の状態に応じて設定します。まず認知機能日常生活動作自立度に応じ3つのカテゴリーに分けます。認知機能が正常で日常生活動作も自立している人はカテゴリー1です。認知機能に軽い障害がある人や日常生活動作が少し低下して買い物や食事の準備が自立してできない人はカテゴリー2です。認知症がある程度進んでいる人や日常生活動作が大きく低下して、服を着る・入浴・トイレなどの基本の動作もできない人はカテゴリー3です。持病が多い人などもカテゴリー3です。
さらに使っている薬に注目します。低血糖が心配されるインスリン製剤・スルホニル尿素薬・速効型インスリン分泌促進薬などを使っているかどうかで目標値が変わるのです。低血糖を起こしやすい薬を使っている場合は下限値も定められました。これより低い値になると低血糖が特に起こりやすいため、これより低い値は目指さないという意味です。

筋肉減少にも注意

 高齢者は筋肉減少筋力低下が起こりやすく、それが糖尿病を悪化させます。筋肉が減ると筋肉のブドウ糖消費量が減ります。そのため、血糖値が上がりやすくなるのです。糖尿病の原因には、すい臓のインスリン分泌低下と肥満によるインスリン抵抗性の2つが知られていますが、筋肉の減少は3つ目の原因とも言われます。そこで高齢者は筋肉を維持するための運動を積極的に行うことが勧められます。たとえばスクワット。安全のため、椅子を使ってゆっくり立ち上がったり座ったりします。筋肉量の多い太ももやお尻が鍛えられます。片足で立つ運動はより簡単です。転倒を避けるために机などの横で、左右の足でそれぞれ1分くらいずつ続けて立ちます。なお、運動は主治医に相談してから開始してください。

...続きを読む
2016年11月3日

 

糖尿病 治療の秘けつ「合併症を食い止める」

糖尿病の合併症

 糖尿病と診断されても多くの場合、自覚症状はありません。しかし血糖値が高い状態を長く放置すると、全身のあちこちの血管が傷つき、様々な病気を招いてしまいます。これを糖尿病の合併症と言います。
が悪くなる糖尿病網膜症腎臓が悪くなる糖尿病腎症神経が悪くなる糖尿病神経障害の3つが代表的で「三大合併症」と呼ばれます。最悪の場合それぞれ失明透析治療足の指などの切断にまで至ります。また、糖尿病は動脈硬化を進め、最終的には脳梗塞心筋梗塞といった命に関わる病気も引き起こします。

糖尿病網膜症

 糖尿病網膜症網膜の細い血管が障害されて起こります。血管が詰まったところに新生血管というものができますが、新生血管はすぐに出血し、そこに増殖膜というものを作ります。新生血管と増殖膜は硝子体と網膜を癒着させるため、加齢などによって硝子体が縮むときに網膜が引き剥がされてしまいます。その結果、視力が著しく低下したり失明したりします。
網膜症の多くが初期には自覚症状がありません。ものが見えにくい症状が現れたら、相当悪化しています。早期発見には眼科を定期的に受診し眼底検査を受けることが必要です。
網膜症の予防と治療には血糖管理が最も大切です。過去1~2か月の血糖値の平均を表すヘモグロビンA1cという血液検査の値を7%未満に保つことが必要です。これは三大合併症で共通しています。網膜症がかなり進行した場合は、網膜にレーザーを当てて新生血管ができないようにする光凝固療法や、増殖膜を取り除く手術も行われます。

糖尿病腎症

 腎臓は体内の老廃物を排せつしたり塩分・水分を調節したりする臓器です。この働きが徐々に低下するのが腎症です。腎症になると、老廃物などが体内に溜まったり、必要なたんぱくが尿に漏れたりします。
腎症も最初は自覚症状がなく、だるさ・むくみ・吐き気・食欲不振などが現われた場合は相当進行しています。早期発見には尿中アルブミン検査が有効です。たんぱくの一種、アルブミンは腎症のごく早期から尿に漏れるため、尿検査でそれを見つけるのです。職場や自治体の健康診断の尿検査や血液検査では、腎症がある程度進行してからでないと発見できません。
腎症の予防と治療にも血糖管理が大切ですが、血圧管理も欠かせません。目標は130/80mmHg未満で、通常の高血圧の治療より厳しい値です。食事では減塩が必要です。目標は1日6g未満。腎症が進行した場合、たんぱく質やカリウムを制限することもあります。

神経障害

 神経障害足の指足の裏のしびれ痛み感覚まひが、しばしば最初に現われます。これは体の感覚をつかさどる末梢神経が傷ついて起こります。内臓の働きを調節する自律神経が傷ついて、胃のもたれ・便秘・下痢・立ちくらみなどが起こることもあります。
神経障害の予防と治療も血糖管理が最も大切です。発症した場合には、しびれや痛みなどの症状をやわらげるアルドース還元酵素阻害薬などの薬を使います。また喫煙・飲酒を避けたり、高血圧・脂質異常症を改善することも予防と治療につながります。

がんと認知症

 最近では、がん認知症も糖尿病の合併症とみなされています。特に、肝臓がんは2.0倍、すい臓がんは1.9倍、大腸がんは1.4倍、それぞれ危険性が高まるとみられています。同じ生活習慣が糖尿病とがんに共通して影響するほか、インスリン抵抗性ががん細胞の増殖を促す可能性も指摘されています。認知症ではアルツハイマー型の危険性が2.1倍に高まるとの報告があります。

...続きを読む
2016年11月3日

 

糖尿病 治療の秘けつ「薬の効き方を知ろう」

糖尿病の薬

 糖尿病の薬にはのみ薬注射薬があります。のみ薬は7種類に分かれます。どの薬にも血糖値を下げる効果がありますが、下げる仕組みはさまざまです。
ビグアナイド薬チアゾリジン薬インスリン抵抗性を改善して、インスリンの効きをよくする薬です。肥満が主な原因で糖尿病になった場合によく使われます。
スルホニル尿素薬速効型インスリン分泌促進薬DPP-4阻害薬は、すい臓からのインスリン分泌を促進する薬です。遺伝的体質や加齢によるインスリン分泌低下が主な原因で糖尿病になった場合によく使われます。

糖尿病による低血糖

 糖尿病は血糖値が高くなる病気なので、薬で血糖値を下げますが、薬が効き過ぎて血糖値が低くなり過ぎることがあります。これが低血糖です。
低血糖になると、まず空腹感、脱力感、冷や汗、ふるえ、動悸[き]などの症状が現れます。血糖値がさらに下がると、頭痛、吐き気、目のかすみ、集中力低下なども起こります。もっとひどくなると、意識障害、けいれんなどに至ります。
インスリン分泌を促進する薬のうち、速効型インスリン分泌促進薬スルホニル尿素薬は低血糖を起こしやすい薬です。DPP-4阻害薬は食後など血糖値が高くなるときにだけ作用するため、低血糖を起こしにくい薬です。

糖尿病ののみ薬(SGLT−2阻害薬など)

 SGLT−2阻害薬は最も新しいのみ薬です。仕組みも他の薬とは異なり、腎臓に作用し、血液中のブドウ糖を尿の中にたくさん排泄させることで血糖値を下げます。
このほか、αグルコシダーゼ阻害薬は、小腸で炭水化物がブドウ糖などに「分解されるのを遅くする」ことで、血糖値の急な上昇を抑えます。

糖尿病の注射薬(インスリン製剤)

 糖尿病の薬には自分で打つ注射薬もあります。多くはインスリン製剤で、インスリン分泌の低下を補います。
1型糖尿病は多くの場合、診断された時点でインスリンが分泌されていないため、最初からインスリン製剤が不可欠です。2型糖尿病はインスリン分泌が徐々に低下するため、病気がかなり進行した段階でインスリン製剤を開始することが一般的です。
インスリン製剤はのみ薬以上に「低血糖」に注意しなければなりません。すい臓のインスリン分泌が低下しているため、インスリン製剤が血糖値を特に大きく左右するからです。

糖尿病の注射薬(GLP-1受容体作動薬)

 インスリン製剤以外の注射薬としてGLP-1受容体作動薬が登場しました。すい臓のインスリン分泌を促進する薬ですが、DPP-4阻害薬とほぼ同じ仕組みなので、低血糖を起こしにくいことが特長です。効果はDPP-4阻害薬より強く、血糖値がかなり高い人などに使われます。食欲を抑制する作用もあるため、体重を落としたい人にも向いています。

...続きを読む
2016年10月2日

当院の駐車場はこちらです

石尾台歯科様手前になります­

手前と奥にあります

 

小山クリニックと表示のある所に止めてください

 

 

...続きを読む
2016年09月8日

 

小山クリニックで行える動脈硬化の主な検査

動脈硬化の主な検査のリストです。

血液検査 (当院で可能です)

血液検査

 血液検査では動脈硬化を進行させる危険因子を持っているかどうかがわかります。特に注目したいのは、LDLコレステロール血糖値です。複数の数値に異常が見られる場合には、動脈硬化の疑いありと指摘されます。また、高血圧も動脈硬化を進行させる危険因子です。

超音波検査 (当院で可能です)

超音波検査

 超音波検査では、首のけい動脈をみます。アテローム動脈硬化が進んでいると動脈が狭くなっている様子が確認できます。けい動脈で動脈硬化が起きている場合は、大動脈や心臓の冠動脈でも動脈硬化が起きていると考えられます。

ABI検査 (当院で可能です)

ABI検査

 ABI検査は足首の血圧と上腕の血圧を比べる検査です。正常な場合、足の血圧は上腕よりも「高く」なります。もしも足首の血圧が上腕より「低い」場合は下肢の「閉塞性動脈硬化症」という病気である可能性があります。もしこの検査で足の動脈硬化が進んでいることがわかった場合には、全身の動脈硬化がかなり進んでいると考えられます。

PWV検査 CAVI検査 (当院で可能です)

PWV検査

 脈波伝播(みゃくはでんぱ)速度検査とも言われます。心臓の拍動の衝撃、つまり脈が、どのくらいの速さで足首まで伝わるかを測定します。健康な軟らかい血管では脈がゆっくりと伝わり、動脈硬化が進んだ硬い血管では脈が速く伝わります。この検査によって血管の老化がどれくらい進んでいるのかを示す「血管年齢」を割り出すことができます。

PWV検査 CAVI検査

と心血管病の危険度 (当院で可能です)

PWV検査と心血管病の危険度

 PWV検査の結果が速ければ速いほど、脳卒中や心筋梗塞などを起こす危険性が高いことがわかっています。PWV検査は循環器内科や血管外科で受けることができますし、人間ドックのオプションで選ぶことも可能です。

...続きを読む
2016年07月28日

 

高血圧「血圧を下げる薬」

大阪大学大学院 教授
楽木 宏実
(らくぎ・ひろみ)

薬の選び方

薬の選び方

 高血圧の治療では、生活習慣の改善と併せて、で血圧を下げることも大切です。治療では、診察室血圧で「上が140mmHg未満/下が90mmHg未満」を目指します。ただし、糖尿病や、たんぱく尿を伴う腎臓病の人は「上が130mmHg未満/下が80mmHg未満」を目標にします。一方、75歳以上の人は全身の臓器への影響を考慮し、「上が150mmHg未満/下が90mmHg未満」を目指します。
薬物療法では、主にカルシウム拮抗[きっこう]ARBACE阻害薬利尿薬β遮断薬という5種類の薬が用いられます。これらのうちどれを選択するかは、持病や、血圧が上がる要因を考慮して決められます。例えば、狭心症がある場合は、狭心症への治療効果もあるカルシウム拮抗薬やβ遮断薬が勧められます。食塩をとりすぎている人には塩分の排泄を促す利尿薬が、ストレスによる高血圧には、ARBやACE阻害薬、あるいはβ遮断薬、カルシウム拮抗薬が使われます。

血圧が下がらない場合

血圧が下がらない場合

 薬の服用を続けているのに血圧がなかなか下がらない場合は、「薬に悪影響を与える薬や食品をとっていないか」「ほかの病気はないか」という点などを確認します。高血圧の薬に悪影響を与えるものとしては、「痛み止めの薬(非ステロイド性抗炎症薬)」や、「甘草を含む漢方薬やサプリメント」などがあります。これらは、降圧薬の効きを悪くする場合があるので注意が必要です。
正しく服薬し、生活習慣の改善も続けているのに血圧がなかなか下がらない場合は、「原発性アルドステロン症」「睡眠時無呼吸症候群」などの病気が隠れていないか調べてみることも大切です。原発性アルドステロン症は、腎臓の上にある副腎に肥大や腫瘍が生じる病気で、急に血圧が上がります。睡眠時無呼吸症は、肥満の人がなりやすい病気です。大きないびきに伴って睡眠中に呼吸が止まることが原因で、高血圧につながっている可能性があります。

薬が効く仕組み、副作用などについては
きょうの健康テキスト11月号に掲載されています。

...続きを読む
2016年07月28日

 

どこからが高血圧?

総合監修:森ノ宮医療大学 学長 荻原俊男先生

高血圧は、正常者の血圧より高い血圧値を持続している場合をいいます。高血圧を専門とする医師などからなる日本高血圧学会では、
収縮期血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張期血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。ただし、高血圧かどうかは自分で判断せず、必ず医師に診断してもらいましょう。

 

高血圧の診断と分類

診療所/病院で測る血圧値は140/90mmHg以上、家庭血圧値は135/85mmHg以上が高血圧です。

降圧目標値は誰でも同じ?

年齢や合併症の違いなどから、ひとりひとりの降圧目標値は異なります。例えば、前期高齢者では、家庭血圧の降圧目標値は135/85mmHg未満が設定されていますが、75歳以上のいわゆる後期高齢者では臓器の障害を合併していることが多いため、降圧がそれらの臓器へ影響を及ぼすことを防ぐ意味で、症状の変化や検査値の推移などで降圧効果の影響を観察して慎重な治療を行います。

若年・中年者では135/85mmHg未満が目標です。一方、糖尿病や慢性腎臓病(CKD)の合併症をもつ患者さんや心筋梗塞後の患者さんでは、ガイドラインの中で最も低い目標値の125/75mmHg未満が設定されています。これは糖尿病や腎障害がある人がこれらの合併症がない人よりも、脳や心臓の病気を発症する危険性が高いため、もっと血圧を低く下げて病気を予防するためです。


このように患者さんの背景によって、治療の目標となる血圧値は異なります。
...続きを読む
2016年07月3日

 

アテローム アテローマ 粉瘤 ふんりゅうとは

アテローマとも呼ばれます
皮膚の下に袋状の構造物ができて角質と皮脂が袋の中に溜まってしまってできた腫瘍の総称です。
たまった角質や皮脂は袋の外には出られずどんどん溜まっていきますので時間の経過とともに大きくなっています。
顔 首 背中 耳の後などにできやすい傾向があります。
強く押さえると臭くてドロドロとした物質が出てくることがあります。
脂肪腫とは別のものです。
治療は外科手術になります。
炎症が起こっていない場合は外科的切除手術を行うことになります。
局所麻酔の日帰り手術が可能です。
基本的には予約制となります。
詳しい内容についてはお気軽に医師にご相談ください。
細菌が侵入して化膿することがあります。
これは感染性粉瘤 感染性粉瘤と呼ばれる状態です。
赤く腫れ上がり痛みがあります。
軽い場合は抗生物質の内服、ひどく化膿した場合は切開排膿を行うことがあります。
アテロームに炎症がある場合は外科手術をすぐに行うことができません。
治療は速やかに切開して膿を外に出します。
小山クリニック 高蔵寺ニュータウン
〒487-0006
春日井市石尾台2-4-12
TEL 0568-48-1112
...続きを読む
2016年06月20日

­ザガーロ新発売

http://hatsumo-web.jp/

効果の高いAGA男性型脱毛症治療薬
プロペシアの1.6倍の効果

30錠10200 (さらに…)

...続きを読む
2016年05月15日
乳がん検診について
 Aplio 500 Platinum Series
当院の乳がん検診は、エコーは当院で、マンモグラフィーは総合保健センターで撮影となります。(要予約)
問診
触診
医師が乳房を観察して凹みがないか、手で触れてしこりがないか、腋窩リンパ節や鎖骨上リンパ節が腫れていないか、乳頭から分泌物がないかなどを検査します。触診で発見できるものはある程度の大きさになったしこりです。しこりがすべて乳がんと言うわけではありませんが視触診だけに頼っていると、しこりが乳がんであった場合、ある程度の大きさにならないと発見できない可能性があります。
超音波検査
超音波を使って乳房のしこりを発見する方法です。医師の視触診や自己チェックでは発見できないしこりや、見つかったしこりが良性か悪性かといった診断に用いられます。また乳腺密度の高い人や若い人の検診に有効かどうか、現在研究が進んでいます。乳腺専用の超音波診断装置を用いてしこりが良性か悪性かを調べます。超音波がしこりの内部を通過する時、乳房の繊維部分では大きく吸収され、水分の多い部分では吸収されにくいので、その差によってしこりの映像が描き出されます。良性の乳腺症のようなものから、乳がんまで早期に発見することができます。また当院では最新の機器で乳腺組織の硬さを画像化(エラストグラフィー)することが可能ですので指先の感覚で行っていた乳房触診を客観的に映像で確かめることが可能です。乳がん検診で要精密検査と判定された場合、乳腺専門医を紹介させていただきます。
エラストグラフィ
マンモグラフィー検査とは
乳房プラスチックの板で挟んで平たくし乳房専用のX線装置で乳房全体を撮影します。基本的に2方向で撮影します。40代は乳腺密度が高い人が多いため判別しにくい場合があります。
医師の触診や自己チェックでは発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。マンモグラフィー単独の検診には死亡率減少効果があると報告されていて触診との併用では、50歳上では乳がんの死亡率減少効果があるとする十分な根拠がある、40代では死亡率減少効果があるとするその根拠があるとされています。当院では春日井市総合保健センターに予約して撮影しています。
...続きを読む
2016年05月11日

 

糖尿病はアジアに多い。これはアジア人が遺伝的にインスリンの分泌が悪いためです。
日本人の950万人が糖尿病であると言われています。早期からの治療がとても大切です。しかしながら3分の1の方が治療されいないのが現状です。特に仕事や子育てに忙しい壮年期の治療が治療率が低いです。またHbA1c7.0%の達成率が低いと言われています。糖尿病のBMIは徐々に悪化しています。チアゾリンはインスリンの感受性を増強させます。SGLT2阻害薬はインスリンに依存せず血糖を下げます。近位尿細管で糖の再吸収を阻害します。糖尿病の人は尿糖の再吸収の閾値が下がります。血糖が170から180にならないと再吸収の更新が起こりません。SGLT2 に対する選択性の向上が大切です。メトホルミンの併用でHbA1cは1%低下します。体重は平均すると3キログラム減少すると言われています。そのうち3分の1は脂肪が燃えていると言われています。合併症としては痩せ型の人には注意が必要です。また血圧の低下が起こります。効果としては腹囲の低下、HDLの低下、コントロールが悪い人ほどよくなると言われています。HbA1cで0.8から1%低下すると言われています。尿路感染が合併症としてあります。初期の低血糖に注意が必要です。良い適用としては若年でメタボ体型の男性にいい薬です。後期高齢者や神経障害のある人、起立性低血圧のある人、脳梗塞の方は注意が必要です。内臓脂肪も減り皮下脂肪も減ると言われています。利尿剤との併用は注意が必要ですEZ不安が少し低下します。ピグアナイド薬と併用した場合は乳酸アシドーシスに注意が必要です。糸球体の濾過量は変わりませんが近位尿細管に作用しインスリンに効果が上乗せできます。将来的には1型糖尿病に使える可能性もあります。効果は腎機能によって依存されます。SU剤の効果は長期化間続きません。血圧は平均で3.5ミリグラム下がると言われています。低血糖にはなりにくいです。膀胱がんの発症率の差はないと言われています。排泄されると言われている糖は1日70グラムで副作用が少ないです。ヨーロッパではピオグリタゾンとの併用注意するように喚起されています。

 

東京医科大学 小田原先生

...続きを読む
2016年05月11日

ディスペプシアとは胃もたれ、早期腹満感、胃がいたいなど様々な症状のことを示します。このような症状が週に2,3回起こっている場合、機能性ディスペプシアと言う病名が使われるようになりました。機能性ディスペプシの原因は、ストレス、ピロリ菌の感染、食事などの生活習慣の乱れ、胃酸の刺激など、様々な原因があります。また胃の運動機能異常、内臓知覚過敏、このような症状がストレスとなり、それがさらに症状引き起こすという悪循環に陥ると、つらい症状が長く続きます。胃の内視鏡検査で胃潰瘍や胃がんなどの病気がないことを確認することが必要です。治療方は薬物療法が中心で胃の運動をよくする運動機能改善薬か胃酸の分泌を抑える胃酸分泌機能抑制薬が第一選択となるのが一般的です。漢方薬では六君子湯また抗不安薬が用いられることもあります。

...続きを読む
2016年05月11日

 

胃潰瘍とは

胃壁に傷が付き掘ったようにえぐれた状態になるものが胃潰瘍です。
症状は胃痛や胃のむかつき吐血や下血、貧血、動悸、息切れなどが起こります。

さらに胃壁が深く掘られてしまい胃に穴が開き穿孔してしまうと非常に激しい痛みが起こります

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因はストレスで起きる事は少なく主にピロリ菌の感染です。
また痛み止めが原因で起こる胃潰瘍も2、3割あります。

予防
ピロリ菌は除菌することができます。
健康保険で受けるためには、胃カメラを受けていただきます。
ピロリ菌の検査をうけ感染していたら、除菌治療を受けることができます。
除菌治療では、抗生物質2種類と胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬の合計3種類の薬を1週間続けて内服治療します。
1回の治療で除菌できなかった場合は抗菌剤の種類を変えて再度治療行います。
また痛み止めが原因となって起きる時胃潰瘍は薬をやめることで良くなることがあります。

 

 

...続きを読む
2016年04月30日

ED治療開始しました。シアリス20mg 1錠2000円
初診料2820円 再診料720円(3ヶ月以内)

...続きを読む
2016年04月30日

当院ではバセドウ病、橋本病、慢性甲状腺炎の治療を行っております。

甲状腺癌の診断および治療は行っておりません。

...続きを読む
2015年12月28日
  • 小児科開始しました。院外処方になります。
...続きを読む
2015年06月21日

春日井 高蔵寺 内科 健康診断の小山クリニックのホームページです。
高血圧、高コレステロール血症、糖尿病はご相談ください。

...続きを読む